2014年 09月 20日

酒折宮 東側参道

【酒折宮 東側参道】
f0191673_03441823.jpg 甲府市酒折三丁目に鎮座する酒折宮は日本武尊を祭神として祀る旧村社であり、尊が「新治筑波」の連歌を詠じられた連歌発祥の地として知られている。

 酒折宮に向かう参道は、旧甲州街道から中央本線の踏切を越え北側に向かう正面参道と、山梨学院高校方面からの東側参道がある。

 
  















【(甲斐名勝)酒折の宮】
f0191673_03443558.jpg 明治期末から大正初期頃の東側参道である。
 鳥居の右側に写る社殿は酒折宮の旧拝殿である。この拝殿は大正6年2月の火災により他の社殿とともに焼失しており、現在の酒折宮の社殿や参道等は大正11年4月以降に順次整備されてきたものである。















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2014-09-20 04:26 | 神社 | Comments(0)


<< 金桜神社門前の旅館 2 「大黒屋」      昭和30年代の甲府市街 >>