2014年 08月 30日

金櫻神社 4「焼失前の遺構」

【金櫻神社焼失前の境内図】
f0191673_22454738.jpg


















【休憩所】
f0191673_22455708.jpg 昭和30年12月の火災により金櫻神社境内の社殿は全て焼失しているが、前記の境内図に描かれている随身門下の「宝物陳列所」(青囲みの建物)は焼失を免れている。
 左記の写真がその建物である。現在は殆ど薄れかけた「休憩所」という木札が掲げられ、建物を囲む壁は全て取り払われ、大規模な東屋といった風情である。
  
















【建物後方からの休憩所】
f0191673_22460719.jpg 後方からの休憩所である。























【境内地後方 北側の石垣群】
f0191673_22461978.jpg 建物とは異なるが、焼失以前に建造された土木的遺産でもある石垣が、境内地の後方(写真は再建された拝殿の左側。)に残されている。
 
 焼失後に境内地が再造成され、焼失した社殿の基礎となっていた石積なども全て取り払われ現在はまったくの平地となってしまったが、前記の境内図にも描かれている、境内地社殿の後方の石垣である。
 

















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2014-08-30 10:35 | 神社 | Comments(0)


<< 山梨養蚕教習所      旧棡原村役場 >>