2014年 08月 24日

旧棡原村役場


【旧棡原村役場跡 1】
f0191673_17364489.jpg 
 北都留郡棡原村は明治22年7月1日の町村制施行により発足し、いわゆる昭和の大合併により、昭和30年4月1日に上野原町、西原村、島田村、大鶴村、巌村、甲東村、大目村と合併し新制 上野原町に、その後の同町と秋山村の合併により現在は上野原市となっている。
 現在の棡原は長寿の里として知られている地域である。
 
 棡原地区を訪れた際、地元の人にかつての棡原村役場について尋ねたところ、既に旧役場庁舎は取り壊されているものの、村役場時代のお蔵が残っていることを聞いた。
 写真の土蔵が件の建物であり、右側の空き地にかつての役場庁舎が建てられていたという。











【旧棡原村役場跡 2】

f0191673_17365204.jpg かつての村役場は、本庁舎に隣接して土蔵形式の文書庫が建てられている例が多く、この土蔵も役場の文書庫として使われていたものと推察できる。






















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2014-08-24 22:22 | 役場 | Comments(0)


<< 金櫻神社 4「焼失前の遺構」      甲府市上下水道局 中区配水場 >>