2014年 06月 08日

甲府電車軌道株式会社

【甲府軌道株式会社の株券】
f0191673_15234053.jpg
  甲府市を中心とする運輸交通の主要動脈であった山梨軽便鉄道会社(山梨鉄道馬車会社が鰍沢馬車鉄道会社を買収して明治39年10月に発足)の運転区間(甲府停車場・太田町間、甲府・石和間、甲府・鰍沢間)は、大正初期頃までは利用者も多く相当の繁盛をみせていたが、大正6年6月に甲府市泉町に本社を置く山梨自動車運輸株式会社が創立するなど、山梨県内における定期乗合自動車の出現、路線拡大とともに、鉄道馬車は衰退していった。
  こうした社会状況の変化から山梨軽便鉄道株式会社の営業も不振となり、同社は大正12年4月6日に臨時株主を開催し、甲府電車軌道株式会社への合同を決議し事業の全部を譲渡している。



【「第八回営業報告書」】
f0191673_15241021.jpg
  甲府電車軌道株式会社は大正12年11月に資本金50万円を以て創立し、山梨軽便鉄道会社の保有する各方面の免許権を継承するとともに、これを基盤とした「甲府・倉庫町・鰍沢」間13哩の新線敷設の免許を得て電車軌道建設を目指していた。




【甲府市地籍図】
f0191673_15244533.jpg
  甲府電車軌道株式会社の本社は、山梨軽便鉄道会社の本社があった甲府市太田町82番地に置かれていた。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-06-08 16:31 | 鉄道 | Comments(0)


<< 丹波山村 宝蔵寺の忠魂碑      「初夏の御案内」 岡島呉服店 >>