2014年 01月 30日

身延山 久遠寺 祖師堂

【久遠寺 祖師堂】
f0191673_1334186.jpg
  身延山久遠寺の本堂域西側で最も古い堂宇が祖師堂である。
  室町時代の文明7年に狭隘な西谷から堂宇が移されたことにより、現在地が本堂域境内となったが、地震や火災によりこれまで何度も堂宇が焼失し、その都度再建され現在に至っている。
  近世期である文政7年の火災により焼失した祖師堂は天保2年に再建されたが、身延山の殆どの堂宇が烏有に帰した明治8年1月10日の大火により祖師堂は再び焼失している。
  このため、宗祖600遠忌も目前に迫っていることなどから、鎌倉比企谷 妙本寺に保管していた鼠山感応寺の余材を300円で買い取り祖師堂が再建されることとなった。
  感応寺は江戸城大奥女性の帰依を得て徳川家斉が寄進して造営された、雑司ケ谷(東京都豊島区)の安藤対馬守の下屋敷(28,642坪)に建立された寺院であり、天保7年に大本堂、鐘楼、総門、方丈、庫裏が完成し同年11月に盛大な入仏落慶式が行われたが、天保12年に天保の改革の一環として破却が決定したため、その豪壮な建物の用材により妙本寺の本堂を建設しようと解体、保管されていたものである。




【明治14年 竣工前の祖師堂】
f0191673_1335445.jpg
  妙本寺から譲りうけた感応寺の用材一切は、明治10年に富士川河口から富士川舟運を経由して身延山に運ばれ、翌11年2月14日に祖師堂再建工事が着工され、明治14年4月24日に竣工している。
  写真は竣工前後の祖師堂である。




【明治40年代の祖師堂】
f0191673_13355874.jpg
  明治14年の祖師堂再建から100年以上が経過し、各所に傷みが生じてたことから、平成元年12月から平成6年7月にかけて改修工事がなされている。



【祖師堂 内陣】
f0191673_13363986.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-01-30 15:48 | Comments(1)
Commented at 2016-02-07 12:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 富士山鍛錬郷      「旅の家土産 甲斐の巻」 >>