峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 14日

戦時期の山梨 13 「陸軍航空戦記特別試写会」

【陸軍航空戦記特別試写会の案内】

f0191673_17464818.jpg
  昭和18年2月26日の午後6時から山梨県会議事堂において、毎日新聞社、日本映画社主催、山梨県、甲府連隊区司令部を後援として開催された「陸軍航空戦記特別試写会」の開催案内である。
  同年3月4日からの甲府宝塚劇場における独占封切に先立って特別試写会が行われた「陸軍航空戦記」は、イギリスに占領されたビルマ各地に幾度も繰り返される陸軍航空隊の爆撃など、ビルマ作戦における陸軍の活躍を決死の撮影によって映し出した大迫力の空中戦が話題となった航空記録映画であり、当時の航空記録映画の代表作であるという。




【「陸軍航空戦記」梗概】

f0191673_17472293.jpg


  「番組」と題する囲みに記されている日本ニュース141号は、昭和18年2月16日公開されたニュース映画であり、昭和14年の映画法制定により、映画館における映画の上映前後にニュース映画の必須上映が義務付けられることとなった。
 ニュース映画は、昭和15年4月に朝日新聞社、大阪毎日新聞社(東京日日新聞・大阪毎日新聞)、読売新聞社の新聞3社と同盟通信社のニュース映画部門が国策により統合された「社団法人日本ニュース映画社」が昭和16年に東宝、松竹の文化映画部門と各文化映画製作会社を吸収改組した「社団法人日本映画社」により、週1本製作され、映画法に基づき毎週映画館で封じられていた。
  なお、試写会で上映されたニュース映画141号は「産業戦士に輝く勤労顕功章」、「航空決戦の秋 学童一日 空の入営」、「敗残の敵国俘虜」、「米英の盲爆下ビルマの憤激昴まる」を内容としたものであった。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-07-14 18:14 | 戦時期の山梨 | Comments(0)


<< 富士山・吉田口登山門      甲州紀行 5 「玉垣の寄進者」 >>