峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 23日

遊亀公園を歩く 6(公園内)

【公園内に残る常夜灯】
f0191673_21254655.jpg
  明治7年、一蓮寺の境内地であった約7200坪が、公園敷地として山梨県に移管されたことが遊亀公園の始まりである。
  そのため、現在も公園敷地内には、かつての境内地の名残であろう石造物が僅かではあるが散見される。
  公園内の植栽の中に残る写真の常夜灯もその一つである。




【常夜灯の正面】
f0191673_21264258.jpg
  常夜灯の正面には「永代常夜燈」の文字が刻まれ、その背面には常夜灯が建立された「寛政十戌午二月吉日願主」の文字が刻まれている。
  建立当初の位置からは移動していることも考えられるが、かつて境内地であった名残を現在に伝える江戸期に建立された石造物である。

【常夜燈の背面】
f0191673_2127796.jpg




【大正12年頃の公園内と常夜燈】
f0191673_2134538.jpg
  大正12年頃の常夜灯と通信講習所甲府支所の生徒と教官である。
  明治期の公園開設以来、公園内の整備が図られ、大正期の公園内はこうした情景ではあったが、戦時期における公園地の利用や甲府空襲による被災。また、昭和29年に公園内の築山造営や緑陰化により、現在の植栽に整備されていった。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-05-23 22:58 | 遊亀公園 | Comments(0)


<< 旧大石郵便局      甲府城三の堀 4(相生2丁目・... >>