峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 29日

「観光山梨新十景新十勝」と削られた句碑

【「脚光浴びる観光山梨新十景新十勝」】
f0191673_7254871.jpg


【同紙面の新聞広告】
f0191673_7262211.jpg
  昭和25年1月13日に明治5年の創刊から25,000号となった山梨日日新聞社は、同年3月6日に25,000号記念事業を社告した。
  その記念事業の一つが、山梨県、甲府市、山梨県観光連盟、名古屋鉄道局甲府管理部、山梨交通、日本交通公社など関係方面の後援により山梨日日新聞が主催し山梨県民の投票による「観光山梨新十景」の選定である。
  その結果は、「新たに登場した新観光地は古い概念は全く一てきされた名実共に観光山梨にふさわしい景勝地がクローズアップされた」として昭和25年7月18日の山梨日日新聞に発表されることとなり、新十景の一つとし「甲州ぶどう郷と宮光園」が選定されている。
  写真はその選定を伝える山梨日日新聞紙面と当選御礼の新聞広告を掲載する同日の山梨日日新聞紙面である。


 「観光山梨新十景新十勝」の選定後、山梨日日新聞創刊80年の記念事業の一環として、選定された新十景を対象とした「山梨新十景を詠みたる俳句」を昭和27年9月から10月末まで飯田蛇笏、富安風生を審査者として募集した。
  また、各景入選句の第一席は、各景の地元観光協会により、その中心地にそれぞれの句碑が建立され、入選の2,000句は「観光山梨新十景句集」として山梨日日新聞社が刊行している。

 
【句碑正面】
f0191673_9532434.jpg

【句碑右側側面】
f0191673_9541187.jpg



 新十景の一つである「甲州ぶどう郷と宮光園」の入選句第一席は飯野燦雨の「今朝の富士 女神の如し ぶどう剪る」が選定され、その句碑が宮光園の前にあるシャトーメルシャンのワイン資料館エリア(同エリアは、メルシャンが取得する以前は宮光園の観光葡萄園であった。)のワインギャラリー前に建つ写真の句碑である。 
  句碑の正面には次の文字が刻まれている。
  「山梨新十景 第一位当選 山梨日日新聞主催 甲州葡萄郷と宮光園 80,954票 推奨 建碑助成山梨県入選一席 「今朝の富士 女神の如しぶどう剪る」 巨摩町 燦雨」
  また、右側側面には、上下を削られた「天皇の碑」の文字と選者蛇笏の文字。また、「昭和28年秋九月 甲州葡萄郷 宮光園 観光協会長 松本三良 建」の文字が最後に刻まれている。
  「天皇の碑」の文字は、飯田蛇笏の句、「西日射す天皇の碑や葡萄熟る」の上下を削ったものである。
  一席入選句の句碑建立にあたり、かつて雲母句会が宮光園で催された際に飯田蛇笏が作った前述の一句も句碑に刻みたい旨を園主が飯田蛇笏に申し出たが、生涯句碑は建てないと心に誓っていたことなどから句碑の建立は固辞していたが、句碑が完成するとその側面にくだんの一句が刻まれていたことから、飯田蛇笏が宮光園に対して句碑を引き込めるよう厳談したが、宮光園の園主も承知しないことから関係者が仲に立ち、句の刻字を石工により削りとらせることで決着したものの、宮光園の園主の思いからか「天皇の碑」の文字は削られず残されたものである。
  現在は、メルシャンのワイン資料館エリアとなっている、かつての宮光園の観光葡萄園跡には、宮光園の主人が観光宣伝のため建立した、様々な句碑や歌碑や記念碑が残されている。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-04-29 11:30 | Comments(0)


<< 旧甲府市立相生小学校      甲州市近代産業遺産 「宮光園」 >>