2013年 03月 30日

大和郡山紀行 柳澤家を歩く 3 「柳澤神社」

【柳澤神社要誌】
f0191673_6393553.jpg
  大和郡山城の本丸跡に鎮座する柳澤神社は、大和郡山藩の藩祖である柳澤美濃守吉保公(柳澤吉保)を御祭神として明治13年10月29日に創建(創建当時は現在奈良県立郡山高校のある二の丸跡に社殿が建てられ、現在地には明治15年6月に遷座している。)されている。



【大和郡山城 竹林橋・竹林門跡の社標碑】
f0191673_6402710.jpg
 大和郡山城の旧本丸と旧二の丸との間(鳥居の位置から、その先の石垣(竹林門跡)の間)に架けられていた竹林橋の入り口に建つ一の鳥居と柳澤神社の社標碑 




【柳澤神社境内の碑】
f0191673_6405873.jpg
 柳澤神社境内、拝殿の手前に建つ「祭神 旧川越甲府城主 柳澤美濃守吉保公」と刻まれた碑




【柳澤神社 拝殿】
f0191673_6413979.jpg
 明治23年に建てられた柳澤神社拝殿  




【柳澤神社 本殿】
f0191673_6421681.jpg
 柳澤神社本殿




【柳澤神社 社殿全景】
f0191673_6432953.jpg
 拝殿から本殿を望む柳澤神社の社殿全景
 柳澤神社の境内を含む大和郡山城跡は桜の名所であり、3月下旬から10日間「お城まつり」が毎年開催されている。(本年は「第53回 お城まつり」として3月29日から4月12日まで開催されている。)



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-03-30 07:22 | 大和郡山紀行 | Comments(0)


<< 甲府市より南アルプスを望む      財団法人 山梨航空機関学校 >>