峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 27日

南アルプスとその渓谷

【「南アルプスとその渓谷」】
f0191673_22474971.jpg
  「国民体位向上は国家百年の大計なり」の副題が添えられた山梨県発行の「南アルプスとその渓谷」の観光案内である。
  昭和12年7月の支那事変による日中戦争勃発に伴い、同年8月24日に「国民精神総動員実施要綱」が閣議決定され、9月9日には内閣訓令が出されるなど国民精神総動員運動が開始されると、消費や娯楽に対する抑制が促され、観光自粛の動きが強まってきたが、国民精神総動員運動の中で提唱された「心身鍛錬」はハイキングの奨励に、「体位向上」はスポーツ、登山、海水浴といった奨励となり、そうした状況は昭和13年1月の厚生省設置により「厚生運動」の一環としてより大規模に唱えられていった。
  「南アルプスとその渓谷」は、こうした背景を基に昭和13年頃に山梨県が発行した観光案内チラシである。




【南アルプス登山道徳】
f0191673_22481011.jpg
  前述のチラシには南アルプス渓谷案内として、濁川渓谷、尾白川渓谷、大武川渓谷、石空川渓谷、小武川渓谷、早川渓谷を掲げている他、「南アルプス登山道徳」としての5項目を左記のとおり示している。戦時中の道徳は現在とは大幅にかけ離れている面が少なくないが、登山に係る道徳(マナー、精神)については、現代にも十分にあてはまるものである。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-01-27 23:32 | 観光案内 | Comments(0)


<< 根津翁寿像      富士山麓スキースケート >>