峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 31日

十一屋コレクションの名品展と野口柿邨「交際或者聞知人名簿」

【山梨県立美術館入口の案内】
f0191673_18512747.jpg


【十一屋コレクションの名品展パンフレット】
f0191673_1852198.jpg
  平成24年12月15日から同25年2月11日まで、山梨県立美術館において「十一屋コレクションの名品 ~野口柿邨をめぐる文人たち~」が開催されている。
  近江国滋賀県蒲生郡桜川村(現在:滋賀県東近江市)に本邸を置き、宝永元年に甲府柳町で酒造業を営む豪商となった近江商人の十一屋野口家。その十一屋四代目当主となった野口正忠(号・柿邨(しそん)文政5年~明治26年)が、幕末期から明治期に蒐集した美術品を中心とした展覧会である。【十一屋の詳細については、峡陽文庫の過去記事を参照されたい。】



【「交際或者聞知人名簿」】
f0191673_18524724.jpg
  「十一屋コレクションの名品」展の展示解説等によると「日本と中国の近世絵画や書蹟等で占められており、現在500点以上にのぼるコレクションであり、未だに十分整理し尽くされていない状況」であり、また「漢詩人の梁川星厳や漢学者の頼三樹三郎、書家の日下部鳴鶴ら多くの文人との交流や画家の日根対山、富岡鉄斎と親交のあった文化人であった。」という。
  峡陽文庫架蔵の写真の書付は「交際或者聞知人名簿 野口柿邨」と表題に記載のある46頁の文書であり、その内容は表題のとおり、野口柿邨と交際のあった文人、政治家、商人など様々な人物が記載されており、小野湖山、日下部鳴鶴、巌谷一六などの氏名も記載されている。
  書付中に年月日等の記載はないが、藤村紫朗の名が山梨県県令として、また、山梨県議会議員や他府県議会議員の複数の氏名が記載されているなど、その官職名か明治20年以前の記載と推測できるが、同一氏名が住所等を変えて複数回記載されているものもあり、順次記載者を追加記載している状況も認められる。



【「交際或者聞知人名簿」の一部】
f0191673_18532811.jpg
  人名簿の記載内容の一部である、当該頁の一番左側には「中丸精十郎」や日根対山の二男である「日根東山」の氏名・住所が記されている。
 また、他の頁には住所を寺町御池上ルとした京都の業者を始めとした、各地の多数の書画骨董商の名が記されており、野口柿邨の名品コレクションの形成に至るネットワーク的な世界が認められる書付である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2012-12-31 21:48 | Comments(0)


<< 旧久那土郵便局      半古庵 保科倍之 >>