2012年 10月 28日

恩賜林記念館

【恩賜林記念館】
f0191673_16443660.jpg



  甲府城跡である舞鶴城公園内の南西端に建つ恩賜林記念館は、恩賜林保護団体が恩賜林御下賜40周年記念事業として昭和26年に企画し、恩賜林内から産出した石材・木材を使用し、外壁は人造花崗ブロックからなる2階建の木造建築として、水沢工務店の施工により昭和28年5月17日に竣工した建物である。
  建築規模は1階、2階合わせて810㎡、当時の工費金額約1千万円の財源は、県や林業団体の助成金・寄付金と160余の恩賜林保護団体の拠出金によるものであった。建設当初、恩賜林記念館には山梨県内に分布する動植物の標本を収集展示し広く一般に公開されていたが、現在は主に講演会、研修会などの会場に使われている。

【東側から見た恩賜林記念館】
f0191673_16453172.jpg



  平成2年以来進められてきた、舞鶴城公園整備事業における「舞鶴城公園整備計画」において、甲府城跡にあった占用施設が撤去された中、昭和8年落成の武徳館と恩賜林記念館は現在地に残されている。
恩賜林記念館は建設当初、山梨県内に分布する動植物の標本を収集展示し一般に公開していたが、現在は主に講演会、研修会などの会場に使われている。

【小尾嘉郎の墓】
f0191673_16483841.jpg



 恩賜林記念館は山梨県北巨摩郡甲村五町田(現在:北杜市五町田)の出身である、小尾嘉郎(明治31年5月20日~昭和47年12月8日)が設計している。
 小尾は甲府中学、名古屋高等工業学校を卒業し大正10年東京市電気局に就職し、大正15年3月の神奈川県庁舎建築設計図案懸賞募集(現在の神奈川県庁舎本館)において一等に当選し、昭和5年の軍人会館建築設計図案募集(現在の旧九段会館)においては入選案上位10件の佳作に入選しており、恩賜林会館の設計時には小尾建築工務所を開設していた。
  小尾嘉郎が眠る「小尾家之墓」は、小尾嘉郎が自ら墓石のデザインをしており、写真のとおり墓石の上には神奈川県庁舎の塔をモチーフとしたデザインがなされている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2012-10-28 18:07 | Comments(0)


<< 濠端からの甲府城      篠原春雨と句碑 >>