2012年 09月 15日

甲府城二の堀 4 (丸の内2丁目地内の3)


【写真① 県立図書館前公園西側の端から見た開水路】
f0191673_14125565.jpg

 新道橋から開水路が暗渠化し県立図書館前の公園下を流れる二の堀が、再び開水路となるのは相生2丁目地内と思っていたが、同公園の西側端の下に写真の開水路が存在することに気が付いた。



【写真② 県立図書館前公園西側の開口部】
f0191673_14135095.jpg

 南側から見た図書館前公園下の開口部である。
 図書館前の公園が開設される以前、まだ同所にサンニチ印刷の前身である又新社があった昭和41年の住宅地図では、公園下の暗渠は開水路として流れていたことが確認できる。



【写真③ 東側にクランクし再度暗渠化する二の堀跡の開水路】
f0191673_14161133.jpg
 開水路はすぐに東側にクランクし再び暗渠化するが、この間の開水路は両側の石積などが比較的オリジナルな形で残されている。



【写真④ 暗渠化した二の堀跡】
f0191673_14174990.jpg
 写真③で再度暗渠化した上の現状である。
 写真に写るアスファルトの駐車場の先に写るコンクリート部分が暗渠化した二の堀の真上に当たる位置である。更にその先に写る石組みは開水路当時の二の堀の両側に積まれていたものと思われる。暗渠化したとはいえ、開水路当時の雰囲気が僅かながらに感じられる。



【写真⑤ 暗渠となった二の堀跡の上に建つ飲食店街】
f0191673_1427263.jpg
 写真④の右側に続く飲食店街の西側端の建物である。
 建物の左側には全容は確認できないものの、開水路時代の石積が残されているようである。また、飲食店街は、暗渠化した二の堀の川幅とイコールの幅で建てられていることが認められる。



【写真⑥ 暗渠となった二の堀跡の上に続く飲食店街】f0191673_14281432.jpg
 写真⑤に続く飲食店街である。
 全ての状況は確認できないが、この飲食店街の大半の店舗はすでに営業していない様子である。




【写真⑦ 暗渠の上に建つ飲食店街が途切れる位置】f0191673_14284845.jpg
 西側から東側に向けて建つ飲食店街の東側の端である。




【写真⑧ 暗渠化した二の堀の流れが平和通りに接する位置】
f0191673_15291443.jpg
 飲食店街の東側に位置する入り口は平和通りに接しており、暗渠化した流れはそのまま平和通りを南下して流れている。



【丸の内2丁目地内の地籍図】
f0191673_14293428.jpg
 昭和10年代の甲府市地籍図に、「丸の内2丁目地内の3」における現状の位置を記している。
 地籍図の上部に赤色四角枠で記しているのが、県立図書館前の公園の位置である。
 また、その下に楕円で記しいるのが、公園下の開水路の位置であり、その左側の楕円は再度暗渠化している飲食店街のいちである。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-09-15 14:10 | 甲府城 | Comments(1)
Commented at 2013-10-21 20:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 甲府・名画座      橘児童公園と甲府市公民館 >>