2012年 09月 09日

橘児童公園と甲府市公民館

【広報甲府市(昭和29年12月6日号)】
f0191673_19191038.jpg

 公民館の制度は、終戦後における日本の教育改革のなかで社会教育の地域基幹施設として構想され、昭和21年7月5日付の文部次官名の通牒「公民館の設置運営」が発出され公民館設置運営に明確な指針が与えられた後、昭和24年6月10日の社会教育法公布により、社会教育主事の規定と公民館運営の根拠が定められている。
 公民館の設置運営に係る指針が示された昭和21年当時、甲府市民による公民館設置の要望が少なくなかったようであるが、戦災被害に喘いでいた甲府市当局は容易に対応することができず、昭和24年には社会教育法の公布に促され、公民館設置の要望は益々強まっていき、昭和26年、27年と各種団体が公民館設置を決議し、資金獲得のための廃品回収等がなされていた。
 
 こうした経緯を得て、昭和29年11月16日に橘町児童公園敷地内の北側に、総坪数132.5坪、総工費400万円の甲府市公民館が建設されている。
 左記の広報甲府市は、甲府市公民館の完成を伝える昭和29年12月6日号である。



【現在の橘児童公園内、甲府市中央公民館があった場所】f0191673_19195096.jpg


 甲府市公民館は完成後、中央公民館と改称され、当該公民館を本館とし、甲運、山城、玉諸、能泉四か所に分館を置いた運営管理を行った時期もあったが、その後、建物の耐震性を始めとした老朽化を理由に取り壊され、現在は公園内には公民館更地として残っている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-09-09 19:49 | Comments(0)


<< 甲府城二の堀 4 (丸の内2丁...      甲府城二の堀 3 (丸の内2丁... >>