2012年 07月 16日

御坂隧道

【御坂隧道 河口湖側口】
f0191673_2058243.jpg



 昭和4年11月、旧国道8号線は笹子峠越えから御坂峠経由に路線が変更された。このため、御坂峠開削工事が開始され、昭和5年10月17日に起工式が行われ、翌6年5月に御坂隧道が貫通し11月に竣工している。
 

【御坂隧道内から見た河口湖側出口】
f0191673_20592841.jpg



 御坂隧道の建設を含めた旧国道8号線の改良工事の総工費は84万円余、工事に携わった延人員は36万人であり、御坂隧道の延長は394m、幅員6m、高さ4m、坑内の覆工にはコンクリートを使用し、御坂口から0.89‰で137m上り、そこから河口湖口まで0.72‰の勾配を下るため、どちらの入り口からも反対側は見えない構造となっている。

【昭和13年頃の河口湖側出口】
f0191673_210887.jpg



 河口湖側の出口を出ると、その左側には太宰治も逗留した天下茶屋があり、現在もその後再建された建物により天下茶屋が営業を続けている。

【御坂隧道 御坂側口】
f0191673_21195.jpg



 御坂隧道の御坂口の扁額には「御坂隧道」の文字が刻まれている。(現地で扁額を確認したが、揮毫者の文字がはっきりと確認することができなかったため、「御坂隧道」の揮毫者を御存知の方は、是非ご教示いただきたい。)
 また、河口湖口の扁額には、当時の内務大臣である安達謙蔵の揮毫による「天下第一」の文字が刻まれている。
 御坂隧道は平成10年1月8日に国の登録文化財に指定されている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-07-16 21:56 | Comments(0)


<< 戦時期の山梨 10 「持分合同」      甲府城三の堀 3(相生二丁目地内) >>