2012年 07月 15日

甲府城三の堀 3(相生二丁目地内)


【桜町南交差点附近の三の堀 ①】
f0191673_1513331.jpg



  甲府城の二の堀跡は山梨県立図書館前の公園から暗渠となり、暗渠の状態で平和通りの東側を南下し、相生町通りの北側を流れた後、再び堀の跡が表に現れる場所がこの位置である。
  ここからの堀の跡は三の堀である。市街地を流れる堀の跡であり、道路から堀の底まで相当の深さがあるため、開口部は安全を考慮しフェンスに囲まれている。 

【三の堀の北側 ②】
f0191673_15141424.jpg



 開口部から見た通りの北側である。
 黄色の看板がある建物の位置が二の堀の跡であり、その場所から三の堀の開口部までは暗渠としてつながっているものと思われる。

【三の堀開口部の南側 ③】
f0191673_15145421.jpg



 現在も残る三の堀跡の中では、最も堀の跡の雰囲気を残している場所である。
 堀の跡を撮影した場所は現在時間貸の駐車場となっているが、以前はガソリンスタンドであった場所である。

【三の堀開口部の南側2 ④】
f0191673_15154573.jpg




【三の堀開口部の南側3 ⑤】
f0191673_15162323.jpg



 開口部から更に南側の三の堀跡である。
 この流れはこのまま更に南下した後、東側にクランクし若松町、青沼、城東と流れ、笠森稲荷の東側で濁川となり、その後は笛吹川と合流する。

【昭和初期の三の堀附近 地籍図】
f0191673_15173255.jpg



 
 地籍図の右側、柳町と書かれた傍らが、三の堀の開口部(①の写真の位置)であり、その上が現在は暗渠となっている二の堀の跡(②の写真の位置)である。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2012-07-15 16:59 | 甲府城 | Comments(0)


<< 御坂隧道      商店の包装紙16 『芦川漆器店』 >>