峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 07日

甲府 八日町通り

【甲斐甲府市 八日町通り】
f0191673_1959433.jpg



 大正後期から昭和初期にかけての甲府八日町通りである。
 この通りはまさに甲州街道であり、写真の通りを進んですぐ左折したところが甲府柳町宿であった甲府柳町の中心部である。
 写真中央の洋館は若尾銀行の建物であり、その後山梨中央銀行八日町支店となったが、甲府空襲で焼失している。
 道路中央は昭和5年に廃止された甲府と石和を結んだ鉄道馬車の軌道である。
 甲府市街を題材とした絵葉書には、この位置から写した甲府八日町を定番とした情景が多く残されている。

【現在の同位置】
f0191673_2005714.jpg



  国道20号線が甲府バイパスとして市内南部に建設されるまで、この通りは国道20号線として甲府と東京を結ぶ大動脈であった。
  甲府空襲でこの道の両側はすべて焼失しとているため、昔の情景を残すものは一切残っていない中、道筋だけは昔のままであったが、現在、周辺道路の拡幅が進められようとしている。
  写真中央に写るビルは旧若尾銀行の後に建てられた、日本電信電話公社の甲府電報電話局であり、現在はNTT甲府支店となっている。 


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2012-07-07 20:22 | 甲府市街点描 | Comments(0)


<< 商店の包装紙16 『芦川漆器店』      戦時期の山梨 9 「甲府空襲」 >>