2012年 06月 02日

牛倉神社と楠公像

【牛倉神社の正面】
f0191673_7252799.jpg


 牛倉神社は上野原市街の甲州街道(国道20号線)から南側に80m程入った位置に鎮座している。

【上野原町郷社牛倉神社境内】
f0191673_7253631.jpg


 昭和初期頃の牛倉神社正面である。

【牛倉神社 拝殿】
f0191673_7263376.jpg


 牛倉神社の拝殿は明治13年に建設されたものである。

【忠臣大楠公之銅像】
f0191673_7272675.jpg


 牛倉神社境内(拝殿の右側)に残る楠公像である。
 この楠公像は昭和15年の紀元2600年記念事業として建設され、昭和16年11月3日に竣工した上野原国民学校奉安殿の脇(左側)に建立されたものである。
 紀元2600年の記念事業として、当時は全国的に楠公像が小学校に建立されていたが、その後の金属供出で供出された例が多く、こうして残されている楠公像は数少ない事例と考えられる。
 この楠公像は、富山県高岡市の廣野市次郎が製作したものであり、16名の寄贈者と上野原町長や上野原小学校長らの建設賛助者により建立されたものである。
 上野原小学校からこの場所に移設されたのは、奉安殿の取除作業が行われた、昭和21年8月20頃と思われる。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-06-02 09:12 | 神社 | Comments(0)


<< 山梨県病院診察券      明治神宮への欅材進献 >>