峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 30日

商店の包装紙12 『朗月堂書店』

【昭和10年代の朗月堂書店の包装紙】
f0191673_17332389.jpg



 朗月堂書店は西山梨郡千塚村(現在:甲府市)出身の須藤孝平が明治35年1月に甲府市桜町39番地で創業した書店である。
 昭和10年10月には店舗を新築し営業を継続したが、昭和20年の甲府空襲で店舗を焼失している。
 戦後、店舗を復興し同地で営業を継続していたが、平成3年5月には貢川店(甲府市貢川本町13-6:昭和54年10月開店)に本店を移している。
 掲載の包装紙は、書店名の周りに当時の山梨県内における中等学校等の徽章をデザインしたものであり、主に教科書や参考書の包装に使用されていたと思われる。

【朗月堂書店の封緘紙】
f0191673_18184640.jpg

 昭和10年代に使用されていた朗月堂書店の封緘紙である。
 意匠となっている建物は、昭和10年10月に新築された当時の店舗である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-04-30 17:56 | 商店の包装紙 | Comments(0)


<< 山縣大弐を歩く 4 【山縣大弐の墓】      甲府市制六十周年祭 市内小中学... >>