2012年 04月 21日

甲府駅と記念碑

【甲府駅前の記念碑】
f0191673_156276.jpg



 明治36年6月に甲府駅が開業した頃の駅前は、特段何もない広々とした風景だったことから、駅前に庭園を造り乗降客の憩いの場を建設することとなった。
 その完成を記念し明治41年6月に建立された石碑がこの記念碑である、当時の建設費用は千円、石碑の裏には当該事業の発起人、賛同者等の指名が刻まれている。
 建設された庭園はその後、この記念碑とともに大正時代には撤去されている。
 その後、甲府駅の開業75年を記念し昭和53年に再び駅前に移設され、現在は武田信玄の銅像裏に建てられている。
 駅前への移設直前まで、この記念碑は北口の国鉄官舎の一画(現在、甲府城山手門が再建されている一帯)に残されていた。


【甲府駅開業直後の甲府駅前】
f0191673_15115290.jpg


 写真のとおり、当時の甲府駅前広場の一帯は特に何もない殺風景な状況であった。


【駅前庭園建設後の甲府駅前】
f0191673_1514988.jpg
 甲府駅前の植栽の中に建立された当時の記念碑。
 下記の甲府駅前を写した写真の右側植栽を拡大したものである。 


f0191673_1521387.jpg





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-04-21 16:31 | 石碑 | Comments(0)


<< 春を告げる 桔梗屋の生菓子      山梨高等工業学校 体育デー運動競技会 >>