2012年 04月 14日

甲府城二の堀 (宝一丁目地内)

【① 中央本線から南下する二の堀跡】
f0191673_10315936.jpg



 甲府城二の堀跡を跨ぐ中央本線から南側の二の堀跡である。
 甲府市街に残る二の堀は、その殆どが市街地の住宅地内であるが、甲府市宝一丁目地内に残る二の堀跡は、広い駐車場の敷地内に残されている。

【② 南下した流れ(①)が突き当り東側にクランクする二の堀跡】
f0191673_1033381.jpg



 二の堀跡は駐車場内を真っ直ぐに流れ、その敷地を東西に分けている。

【③ 南下した流れが突き当たった位置】
f0191673_10334371.jpg



 駐車場内の敷地を抜けた流れはすぐに突き当り、東側にクランクしている。

【④ 東側から見た③の位置】
f0191673_10341688.jpg



 東側にクランクし駐車場の敷地に沿って残されている二の堀跡。
 二の堀の流れはこの先朝日通りを越え、丸の内二丁目地内に続いている。

【三の堀跡(宝一丁目地内)の地図】

 宝一丁目地内の二の堀跡は協同駐車場の敷地内に残されている。この場所はかつて信用農業協同組合連合会等の農協関係団体があった場所であり、戦前は若尾倉庫があった場所である。



【大正時代の二の堀跡(宝一丁目地内)地図】
f0191673_10414211.jpg


 大正時代の宝一丁目地内の地図である。
 憲兵分隊(現在の読売甲府ビルの場所)の上部が二の堀跡が残る駐車場の位置である。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-04-14 11:45 | 甲府城 | Comments(0)


<< 瑞泉寺の太子堂      戦時期の山梨 7 「望仙閣と学... >>