峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 03日

山日歳晩サーヴィス 『末舞踏と映画の夕』

【「舞踏と映画の夕」プログラム】
f0191673_11494138.jpg
 「舞踏と映画の夕」は、昭和2年11月から山梨日日新聞社が生活困窮者救済のために創設した「山日歳晩サービス」の慈善興業として、同年12月3日及び4日の2日間にわたり桜座において開催されたものである。
 エリアナ・パヴロバ舞踏団によるサンサーンス作曲の歌劇「アラビヤ王宮の一夜」は、ヨーロッパの舞台そのままを再現した舞踏劇であった。
 昭和恐慌という不況さなかの興行であったものの、特等券2円、一等券1円、普通券80銭、学生券50銭の高価な前売券が公演前日までに完売となり、初日の公演時間である午後6時前から会場の桜座はすし詰めの大入り状態であった。 



【「舞踏と映画の夕」プログラムの内容】f0191673_1150763.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-07-03 12:13 | Comments(0)


<< 商店の包装紙10 『柳正堂』      塩山温泉 >>