2011年 05月 22日

商店の包装紙9 『冨士彦』

【戦前期における冨士彦の包装紙】
f0191673_1542531.jpg


 相生町通りと柳町通りがT字路となる突き当たりで、鰹節、海苔、缶詰、結い納品等を取り扱う商店である、「冨士彦」が使用していた戦前期の包装紙である。

【現在の冨士彦】
f0191673_1544596.jpg


 冨士彦は創業地と同じ場所で現在も営業を続けている。

【明治30年代の冨士彦石原本店】
f0191673_15443828.jpg


 石原本店として鰹節、海苔、缶詰等の商品を扱う他、質屋業を兼ね屋号を冨士井屋と号し、坊間「ふじひこ」と称されていた。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-05-22 16:18 | 商店の包装紙 | Comments(0)


<< 椎山近藤翁碑      重新徽典館碑 >>