峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 24日

商店の包装紙7 『澤田屋』

【澤田屋の包装紙】
f0191673_224316100.jpg


 澤田屋は明治40年の大水害を機に、江戸後期から代々菓子卸売業を続けてきた石和の地から甲府に移転している。
 明治44年に甲府市桜町38番地(甲府市中央4-3-24、現在の中央店の場所)において、生菓子の製造小売りを始めたことが澤田屋の始まりである。

【甲府市 澤田屋菓子店発行の絵葉書】f0191673_22434265.jpg


 昭和9年には、写真の蔵造り店舗から、三階建てのビルが新築され、洋菓子の製造とレストランを開店させている。
 その後、昭和19年の企業整備令の施行により店舗閉店のやむなきに至るとともに、翌年7月の甲府空襲により店舗は焼失している。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-04-24 23:00 | 商店の包装紙 | Comments(0)


<< 富士川飛行艇      大野山 本遠寺 「お万の様の墓」 >>