峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 31日

商店の包装紙3 『岡島呉服店』

【甲府柳町 岡島呉服店の包装紙①】
f0191673_15331385.jpg


 岡島呉服店は岡島茂兵衛が先代の定右衛門が築いた茶商を基盤とした呉服・両替商として甲府柳町(現在:甲府市中央2-13-4)に天保14年に開業し、明治5年には三代目の岡島定右衛門が呉服専業に踏み切り、店名を大黒屋・岡島呉服店としている。
 その後、親族により岡島洋品店、岡島洋服店の経営が分担されていたが、両店は岡島呉服店に統合され、大正11年には将来の百貨店を意識した総陳列方式による売場とした店舗(包装紙①に写る店舗)を新築している。

【甲府柳町 岡島呉服店の包装紙②】
f0191673_15333251.jpg



【岡島呉服店 冬の御案内】
f0191673_1533504.jpg


 大正11年から昭和12年7月までの岡島呉服店の店舗である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-12-31 16:21 | 商店の包装紙 | Comments(0)


<< 商店の包装紙4 『おふどう 大...      商店の包装紙2 『牡丹亭 満壽太』 >>