峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 23日

旧室伏学校校舎

【旧室伏学校校舎・牧丘郷土文化館】
f0191673_8745100.jpg


  旧室伏学校校舎は明治8年に、いわゆる藤村式建築である擬洋風建築の校舎として建設され、翌9年に室伏学校として開校しており、その規模は南北・東西ともに12.6m(9間)の正四角形、木造2階建であり、他の藤村式建築の学校と比較し極めて簡素に造られ、そこが大きな特徴となっている。
 また、この校舎は現在の場所から南西に460mの場所に建てられていたものであるが、平成14年度、山間地域整備事業により、道の駅の一画であるこの場所に平成15年3月に移築され牧丘郷土文化館として運営されている。

【旧室伏学校・牧丘郷土文化館】
f0191673_89342.jpg


 旧室伏学校校舎は昭和51年3月30日に旧牧丘町の文化財として指定され、現在も合併後の山梨市の指定文化財となっている。

【牧丘郷土文化館の平面図】
f0191673_892722.jpg
 明治9年に室伏学校として開校したこの校舎は、諏訪尋常小学校(明治18年)、室伏尋常小学校(明治26年)、諏訪高等小学校の併設(明治43年)を経て、昭和8年に室伏尋常小学校は廃校となっているが、廃校後、校舎は室伏地区公会堂として使用された後、日川高校諏訪分校(昭和24年)、山梨高校諏訪分校(定時制)(昭和25年から29年)、牧丘第一保育所(昭和36年)、養蚕場(昭和37年)、室伏公民館(昭和47年)として使用されてきたものであり、室伏地域の住民からは、その形状から「インキ壺」の愛称で呼ばれ親しまれた建物である。
 また、旧室伏学校校舎は、愛知県犬山市の博物館明治村への移築が取りざたされたこともあったが、昭和44年に取りやめとなっている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-10-23 08:57 | 藤村式建築 | Comments(0)


<< 小林一三と練絲痕      小林一三翁生家跡 >>