2010年 08月 28日

監獄墓地

【監獄墓地 正面】
f0191673_13404427.jpg


 甲府市内寺院の墓地内に建立されている監獄墓地である。
 監獄墓地という名称が正式名称か否かについては未確認であるが、煉瓦塀に囲まれた域内に「合葬之墓」と刻まれた墓碑があり、その背面に「甲府監獄」の文字と両側面には「自明治何年 至明治何年 合葬者何名」の文字が複数刻まれている。
 服役期間内に病死等した無縁の方々が合葬されてきたものと思われる。
 墓碑の背面に甲府監獄の文字が刻まれていること、また域内が煉瓦塀で囲まれていることを考慮すると、明治45年4月に当時の甲府監獄が西山梨郡里垣村梅坪(現在:甲府市朝気一丁目)に新築移転した頃に建立されたものと考えられる。(甲府監獄の名称は、明治20年4月~同22年7月及び同36年3月~大正11年10月までの間において使用されていた。)

【監獄墓地 側面】
f0191673_1341773.jpg


 建立当初は煉瓦塀が域内を四角に囲み、正面右側にも門柱があったと推測されるが、現在残されている煉瓦塀と門柱は、正面左側とその側面のみである。

【監獄墓地 墓碑】
f0191673_13412829.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-08-28 14:02 | Comments(0)


<< 落合水路橋      笹子隧道紀念碑 >>