峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 04日

俺は地方病博士だ

【「俺は地方病博士だ」】
f0191673_2164898.jpg
 山梨県内において長く人々を悩ませた「日本住血吸虫病」、いわゆる地方病は、甲府盆地を中心に流行した病気であり、田んぼで手足が漆にかぶれたようになり、手足が痩せ衰え腹部のみが太鼓のようになり、人間のみでなく牛や馬も罹る病気として恐れられてきたが、その原因は不明であり解決には至らぬ状況が長く続いていた。
 その後、明治37年に日本住血吸虫が確認され、大正2年に感染経路や中間宿主が発見されるなど、地方病の実像が明らかになった大正期には、地方病に対する種々の普及活動が行われることとなったのである。
 こうした中、大正6年5月に発行された小冊子が『俺は地方病博士だ』である。
 この小冊子は山梨地方病研究部が地方病普及の目的をもって小学校児童に愛読させるため、先に募集した説明文に絵画を配し印刷発行したものであるが、経費の関係上その発行数は15,000部となり、当該発行数では当時の山梨県内の小学校児童総数の四分の一であることから、三年生以上を対象に県内各小学校に按分比例配布したものである。
 また、不足分については同小冊子を再版し有料配布を計画していたものである。


【小冊子配布に係る案内文】
f0191673_2175541.jpg
 前述した発行経緯等が記されている。



【『俺は地方病博士だ』の内容】
f0191673_2184668.jpg



f0191673_2110069.jpg



f0191673_21104080.jpg



f0191673_21112374.jpg



f0191673_21115862.jpg



f0191673_21123558.jpg



f0191673_211379.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-07-04 21:39 | Comments(2)
Commented at 2013-04-03 17:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-10-27 22:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 春日町通り      甲府市常盤町通り >>