2010年 05月 30日

武田氏館跡大手門と武田神社鎮座祭 

━甲府旧城址(武田信玄公ノ居城)━
f0191673_18585245.jpg


 武田神社が現在鎮座する、国指定史跡・武田氏館跡の主郭部の東側の入口である。
 また、この東側の入口が、武田氏の館時代における大手門にあたっていた。
 
━武田神社東入口(甲斐西山梨郡相川村に在り)━
f0191673_1854472.jpg


 武田氏館跡に武田信玄を御祭神とした武田神社が鎮座したのは、社殿が竣工した大正8年であり、鎮座祭が盛大に斎行されている。
 これは、武田神社の鎮座祭にあたって仮設された鳥居である。
 また、武田神社の拝殿、本殿に向かう正面の入口の石垣と石段は、神社の鎮座により造営されたものであり、武田氏の館時代は土塁の状態で、そこに館への入口はなかったものである。

【同位置の現状】
f0191673_1901770.jpg


 整備された現在の東側入口である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-05-30 20:16 | Comments(0)


<< 山梨の更正保護 1 出獄者保護慈善会      小田切謙明 >>