2010年 03月 27日

明治天皇悠紀斎田

【甲府市:南西第一児童公園】
f0191673_2122497.jpg


 古来より、天皇の即位に当たっては即位式と並び全国から卜定した悠紀国、主基国で採れた新穀を天照大神を始めとする神々に供える一代一度の儀式として大嘗祭が行われている。
 明治天皇の即位に伴う大嘗祭における悠紀国及び主基国は全国を大正に占われ、悠紀国は甲斐国巨摩郡、主基国は安房国長狭郡に定められ、明治4年11月に東京において行われている。
 甲斐国が悠紀国とされたことから、斎田は、当時の巨摩郡上石田村(現在の甲府市)に、斎田の控地は当時の巨摩郡中楯村(現在の中央市)と決定され、その斎田の跡地が甲府市上石田三丁目にある「南西第一児童公園」の場所である。

【南西第一児童公園内の記念碑】
f0191673_21223018.jpg


 大正3年の大正天皇大嘗祭に際し、往時を追憶し遺跡の消滅を惜しむ機運から、悠紀斎田記念碑等による跡地の保存が企てられ、山梨県教育会を中心とした各種事業として記念碑、斎田跡の保存施設、周辺道路の改修等が行われている。

━明治天皇悠紀御斎田記念碑━f0191673_21234599.jpg


 大正11年3月建碑の明治天皇悠紀斎田跡記念碑(正碑)である。
 この正碑と後記の副碑を併せた「明治天皇御即位悠紀御斎田記念碑序幕式が大正15年4月8日に行われている。
【現在の正碑】
f0191673_21251512.jpg



━明治天皇悠紀御斎田記念副碑━
f0191673_21241624.jpg


 大正11年9月建碑の明治天皇悠紀御斎田記念副碑である。
【現在の副碑】
f0191673_21254020.jpg



【悠紀斎田跡附帯工事碑】
f0191673_2126139.jpg


 昭和2年6月に建碑された悠紀斎田跡附帯工事碑である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-03-27 22:03 | 明治天皇旧蹟 | Comments(0)


<< 山梨県庁      御入学用品売出し 松林軒 >>