峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 06日

メートル法度量衡

【メートル法度量衡を紹介した年賀状】
f0191673_22782.jpg
 長さ、広さ、重さに関する計量についての制度(慣習)である度量衡については、明治24年にその根拠法律となる『度量衡法』(明治24年3月24日法律第3号)が交付され、同26年1月1日に施行されている。
 その後、従来用いられてきた尺貫法を廃止し、世界基準となったメートル法に一本化するため、同法が改正(大正10年4月11日法律第71号)されたが、長く用いられてきた尺貫法からメートル法に転換することについては、実行上における問題等もあり、同法の附則においても「従来慣用ノ度量衡ハ勅令ノ定ムル所ニ依リ当分ノ内之ヲ用ウルコトヲ得」とされるなど、本格的なメートル法使用の義務付けは「計量法」(昭和26年6月7日法律第207号)の施行まで、その徹底は図られなかった。
 尺貫法を度量衡の主流としていた当時の実態の中で、大正13年にメートル法専用制が実施されたことから、市町村は、その普及を速やかに図るため相当の経費を投じて普及・宣伝に努めており、甲府市においては、市内の各小学校への金属製換算器設置、市内要所や金桜神社へのメートル元票建設、講習・講和会の開催などが当時行われていた。
 甲府・桜町、内藤呉服店による、この大正14年の年賀状も、こうした状況から作成されたものである。  



【松林軒発行のメートル法度量衡の案内チラシ】
f0191673_2273266.jpg


 この案内チラシも前述の経緯などにより松林軒が作成したものである。

【メートル法発布十周年記念 試売デーチラシ】
f0191673_2275434.jpg


 メートル法による一本化を目指した、大正10年の度量衡法改正から10年が経過し、メートル法強制猶予期間(昭和9年6月30日まで)も切迫してきたことから、昭和6年に鰍沢町主催、鰍沢町青年団後援により実施された、町内加盟商店によるメートル法試売デーの案内チラシである。
 4月11日から13日までの3日間、加盟各店においてメートル法普及を趣旨とし、メートル法による計り売りによる廉売が実施されている。
 また、改正法施行から10年が経過したこの年の8月1日からは、郵便料金に関する重量、容積も、これまでの尺貫法から、全てメートル法による料金区分となるなど、官公庁によるメートル法普及の徹底が図られた年であった。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-03-06 23:12 | Comments(0)


<< 甲府新聞      甲府・銀座通り >>