峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 14日

甲府城:甲府城からの眺望 3

【甲府城址本丸から眺めた市街北部】
f0191673_12285598.jpg


 甲府城址の天守台下に広がる本丸北側から眺めた甲府市街の北側である。
 中央に写る瓦葺の建物は舞鶴公園整備に伴い建設された公園内のトイレであるが、この一帯にはかつて、中央本線甲府駅にゆかりのあった、C12型蒸気機関車(甲府駅構内における貨車の入替等で使用)、ED17型電気機関車(昭和6年に中央本線が甲府駅まで電化された当時に使用、現在はさいたま市の鉄道博物館で展示)や東京都電が静態保存され、その脇には遊具施設が設置されていた。
 写真の左に写る陸橋(舞鶴橋)は中央本線、身延線を跨ぎ、市街の南と北を結んでいる。また、中央に写る前衛的な建造物は、丹下健三が設計し昭和41年に完成した山梨日日新聞や山梨放送が置かれた山梨文化会館である。

━舞鶴公園より見たる甲府市街(北部)━
f0191673_12294943.jpg


 前記の眺望と概ね同位置から見た昭和初期の様子である。
 写真の下に写る建物は、現在の公園内トイレと同じ位置にあった弓道場であり、昭和8年に武徳殿とともに建設されたものである。
 中央本線の線路の先には、鉄道官舎群が建てられており、その更に北側には山梨県の官舎が建てられていた。
 また、煙突が建つのは丸茂製糸場であり、戦後、桜シルクとして平成の初期頃まで煙突と工場の一部が残されていた。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-02-14 13:02 | 甲府城 | Comments(0)


<< 甲府桜町 吹寄      機山館 >>