峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 29日

相生町東部連合大売出し

【歳末年始・相生町東部連合奉仕大売出しチラシ(表面)】
f0191673_16334054.jpg


 相生町は現在の甲府商工会議所がある東西の通りに面した町であり、明治維新前は甲府城の外堀がこの通りの北側にあったことから、南側のみに家並みがあったことから、片羽町と云われていたが、外堀が埋められたことから、明治9年に相生町となっている。
 この相生町の東側(現在の甲府商工会議所を中心にし概ね東部と西部に区分)にあった商店が連合した、昭和初期頃における歳末年始の大売出しのチラシである。
 戦前の相生町には、現在の甲府商工会議所の場所には山梨貯蓄銀行があり、通りを挟んだ前面には甲府市役所が置かれていた。また、東西の通りは東側から柳町、桜町、春日町、錦町の各通りの南端が交わっていたことから、今以上の賑わいを擁していた。

【同上チラシ(裏面)】
f0191673_16383854.jpg


 相生町東部連合に加盟する9軒の商店は、以下のように相生町通り(東西の通り)に並んでいたが、この内、現在も同じ場所で営業を続けている商店は鳥林商店のみとなっている。
 「相生町通りの南側」
 暗渠から川筋が現れる西側から順に、雨宮紙店、宮沢康済堂、鳥林商店、野際商店、野呂瀬商店、角屋牛肉店、相生町佐渡町通りを挟み、現在の甲府商工会議所の東側の角地に高木商店荒物部と並んでいた。
 「相生町通りの北側」
 裏春日通りの東側から順に、ヤマロク商店、入原商店とならんでいた。

【現在の相生町東部附近】
f0191673_16362394.jpg
 かつて山梨貯蓄銀行があった場所にある甲府商工会議所である。
 高木商店荒物部があった場所は、写真中央の会議所敷地の角地である。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-12-29 19:27 | Comments(0)


<< 甲州文庫特別展示会      長潭橋 >>