峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 18日

富士身延鉄道と車内販売

【富士身延鉄道沿線名所案内】
f0191673_1057031.jpg


 大正2年7月20日に富士と大宮町(現在の富士宮)がで営業を開始した富士身延鉄道は、昭和3年3月30日に甲府までの路線が全通し、昭和13年10月1日にその路線が鉄道省に借り上げられた後、昭和16年5月1日には買収国有化され現在の身延線となっている。
 上記の「富士身延鉄道名所案内」図は、十島から国母の間を抜粋掲載したものである。

【列車内葡萄酒販売のお知らせ】
f0191673_10572283.jpg


 甲斐常葉と内船南部(現在の内船:昭和13年10月1日に駅名改称)駅間における、葡萄酒と乾ブドウの車内販売を知らせるチラシである。
 甲州岩崎(祝村)の麗玉園が販売を行ったものであり、販売区間にあたる現在の波高島駅が下山波高島と旧称であることから、鉄道省に路線が借り上げられる以前の富士身延鉄道時代における車内販売と考えられる。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-10-18 11:13 | 鉄道 | Comments(0)


<< 甲府の観光      甲州 勝沼葡萄郷 >>