2009年 04月 19日

【山梨・観光アーカイブ 2】 新日本八景

 昭和2年4月9日の大阪毎日新聞、東京日日新聞の紙面に日本新八景選定に係る募集告知が掲載された。
 この企画は「昭和の新時代を代表すべき日本の勝景は、よろしくわれ等の新しい好尚によって選定されなければならない」としたもので、山岳、渓谷、湖沼、海岸、河川、平原、瀑布、温泉の8部門に分けて実施された風景の官製郵便葉書による人気投票と選定委員の協議に基づく選定による、大阪毎日、東京日日の両新聞社主催、鉄道省後援によるものであり、昭和2年4月10日から5月20日までの間で、当時の日本の総人口約6000万人に対して総投票数9342万票を得たものであり、こうした数字からも、この企画が全国において注目されたものといえるだろう。

 この新日本八景選定にあたり、山梨県では当時の内部部長が采配を振るい、景勝地開発委員会を県庁で開催し、富士五湖(湖沼の部)と御嶽昇仙峡(渓谷の部)を推薦することとし、全県民一人一票主義を標榜した奮起を促した投票運動が続けられていった。
 特に御嶽昇仙峡について甲府では、甲府市、山梨開発協会、商工会議所、金桜神社、料理業組合、水晶組合などの名を連ねた御嶽昇仙峡推奨後援会が組織され、投票の推奨が行われた。

【山梨県繁栄のために 県民諸君よ、起て!】
f0191673_715445.jpg


 御嶽昇仙峡と投票数の一位を競っていた天竜峡、瀞峡も懸命な得票集めを行っており、御嶽昇仙峡も更なる得票の上積みをしなくては一位確保が困難と思われ、甲府市は緊急に協議会を開催し20~30万票の上積みを行うための葉書代の支出が話し合われるなどした。
 これは、こうした状況の中、山梨県民有志の名で投票期間の終盤に出された、御嶽昇仙峡への投票を求めるチラシである。このチラシの内容からも当時の投票に関する状況が覗える。

【新日本八景の選定結果を掲載した昭和2年7月6日の大阪毎日新聞】f0191673_7153278.jpg


 4月10日から5月20日の間における投票数と7月3日に開催された日本八景審査委員会において、日本八景、日本二十五勝、日本百景がそれぞれ選定された。

【選定された「日本八景」】
f0191673_7155964.jpg


 富士五湖については、湖沼の部において1,328,978票の最高票第一位を確保したものの、投票数第三位734,112票の十和田湖が湖沼の部において日本八景に選定(投票数の第二位は菅沼(群馬)であった。)された。
 また、御嶽昇仙峡の投票数は2,992,930票で渓谷の部においては第二位であり、天竜峡が3,127,170票で第一位、瀞峡が2,064,590票で第三位となったが、渓谷の部における日本八景には投票数で第十一位606,391票の上高地渓谷が選定された。 

【選定された「日本二十五勝」】
f0191673_7162397.jpg


 日本二十五勝には県内から御嶽昇仙峡、富士五湖が選定された。
 また、日本百景に山梨県内から駒ケ岳(山岳の部)投票数212,090票、八ヶ岳平原(平原の部)投票数197,134票が選定されている。

 なお、県内において投票されたその他の場所と投票数は次のとおりである。【()の数字が投票数】
 
 【温泉の部】
  下部温泉(3)、塩沢温泉(2)、西山温泉(1)
 【瀑布の部】
  仙嶬の滝(1)、仙蛾の滝(1)、千波の滝(1)
 【山岳の部】
  白根山(11)、大菩薩峠(10)、三つ峠(7)、矢納山(1)、山梨御嶽(1)、源次郎岳(1)
 【湖沼の部】
  吉田湖(1)
 【渓谷の部】
  猿橋(21)、桂川渓谷(1)、駒ケ岳(1)、差出の磯(1)
 【河川の部】
  桂川(2)
 【平原の部】
  富士甲州裾野(13)、西行峠(1)、甲府盆地(1)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-04-19 08:34 | 山梨観光アーカイブ | Comments(3)
Commented by ひろ坊 at 2009-04-20 22:41 x
御嶽昇仙峡の読み方が、「みたけ」ではなく「おんたけ」となっているが何故なんだろう?
Commented at 2009-06-16 14:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-16 23:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 山梨県道路元標      【山梨・観光アーカイブス 1】  >>