2009年 03月 15日

甲府勧業博覧会

 甲府勧業博覧会は大正15年9月20日から10月30日の40日間、舞鶴公園を第一会場、遊亀公園を第二会場として開催された。

━甲府勧業博覧会記念 第一会場正門━
f0191673_10361543.jpg


 甲府柳町春秋社が作成し甲府勧業博覧会協賛会が発行した「甲府勧業博覧会記念」絵葉書4枚組の一枚
である。

━第一会場 正門━
f0191673_10364946.jpg


 市制30年を記念して大正7年に開催された甲府勧業共進会の開催以来8年が経過し、その後の甲府における産業の発展状況などから、「規模大に失せず、小に過ぎる程度」における博覧会開催を市民一般が熱望することとなったこと。
 また、横須賀市において開催された軍艦三笠保存記念博覧会の開催設備等の請負業者が、甲府において博覧会計画があるのであれば、会場建築等の設備に応ずるとの意向があったことなどから、新海栄治を始めとした市内の融資が甲府商工協会を組織し、同会の事業として博覧会の開催となったものである。

━甲府勧業博覧会 第一会場 京都特設館━
f0191673_10371658.jpg


 大正15年9月22日、舞鶴公園内の機山館において開会式が挙行され、開催後は日を追って予想外の盛況を呈することとなった。

━甲府勧業博覧会 第二会場 正門━
f0191673_10374568.jpg


 遊亀公園に設けられた第二会場の正門である。この場所は、現在も遊亀通り側に面した、遊亀公園の入口として使用されている。

━甲府勧業博覧会 第二会場 飛行機━
f0191673_10381141.jpg


 博覧会の盛況に伴い、入場料を始めとした諸種の収入増加により、収支の余剰金が発生したことから、海軍省から飛行機の払下を受け、第二会場である遊亀公園に格納庫を設け一般の参観に供し、軍事思想の普及の一端としたのが、この飛行機である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-03-15 11:08 | 博覧会 | Comments(0)


<< 山梨の蔵元 5 『叶屋酒造店』      甲府中学校創立三十周年 >>