2009年 01月 13日

甲府地方裁判所庁舎と陪審法廷

【甲府地方裁判所新庁舎】f0191673_23555320.jpg


 甲府地方裁判所は本日1月13日から、4代目の新庁舎において執務が行われる。
 明治5年9月に山梨裁判所が甲府に初めて置かれ、6年1月に長禅寺前の旧甲府代官所跡に移った後、甲府錦町3番地(現在の所在地)に疑洋風建築の新庁舎が9年3月に落成して以来133年、甲府地方裁判所はこの場所に置かれている。

━甲府地方・区裁判所(甲府市錦町に在り)━
f0191673_23562963.jpg


 大正5年5月、旧庁舎跡に完成した2代目の庁舎。
 当時の正門はメインストリートである錦町通りに面していたが、昭和20年7月の甲府空襲によりこの庁舎は焼失した。(甲府空襲による罹災後、旧庁舎南側に鉄筋コンクリート6階建ての3代目新庁舎が昭和27年に建設された。)

━陪審法廷(甲府地方裁判所)━
f0191673_23565139.jpg


 甲府地方裁判所の陪審法廷である。
 陪審法は大正12年4月18日に成立し、昭和3年10月1日から施行されたが、その後の戦争激化などに伴う市町村事務の負担増加などから、「陪審法ノ停止ニ関スル法律」により、昭和18年4月1日から陪審法の施行は停止されている。
 なお、甲府地方裁判所における最初の陪審裁判が開かれたのは昭和4年3月である。

━陪審員評議室(甲府地方裁判所)━
f0191673_23572439.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-13 00:20 | 絵葉書 | Comments(0)


<< 第20回総選挙      山梨県病院  >>