2008年 12月 31日

汲古館・南塘文庫

 村松新道、陸軍からの甲府城払い下げなど、村松甚蔵の名をご存知の方も少なくないでしょう。
 村松甚蔵は、明治2年12月12日に甲府柳町28番地(現在:甲府市中央4-4、共済駐車場の場所)の砂糖問屋、上野屋の四男育三として生まれ、明治27年に兄善蔵の後を相続し先代甚蔵を襲名しました。日清製粉や富士川電力などの重役、大正8年に県会議員、昭和2年に衆議院議員などの公職を務めるとともに、大正6年4月には当時の金額で11,622円を納付して陸軍省から甲府城跡の払い下げを受け、山梨県に寄附するなどの篤志家でもありました。
 また、文化の面においても、「明治維新後、西洋文化の輸入とともに洋書や活字本が勢力をしめ、和漢の典籍は、日に月に散佚し、遂には聖賢の数までも泯滅に至ることを嘆き、和漢の古書類の蒐集保存を志し、約20年間に18,000余巻を集めた」と後に自身が記した、南塘文庫を明治43年に設立しています。


【舞鶴城公園内 山梨県教育会事務所(大正14年頃)】
f0191673_1140861.jpg


この建物は、山梨県教育会事務所並附属図書館として県から土地・建物を借り受け、明治44年6月までは甲府市桜町65番地(現在:丸の内1-12-4附近)にありましたが、借用期限切れと同時に建物を山梨県教育会が譲り受け、同年11月に甲府城内に移転改築されたものです。
 村松甚蔵が設立した南塘文庫の書物は、大正14年頃まで、この附属図書館に保管を依頼していました。


【山梨県教育会事務所並附属図書館の跡】
f0191673_11414922.jpg


 甲府城内の武徳殿正面前、最近まで山梨県議会議員会館の建っていた場所です。


━汲古館 南正門斜面全景━
f0191673_11534354.jpg


 南塘文庫を収める独立の施設図書館「汲古館」として、大正14年9月に甲府市桜町63番地(現在:中央2-5-20)に完成した建物。
 開館後、一週間で1,400余人が見学に訪れたようです。


━汲古館 南塘文庫階上階 下内部━
f0191673_11451716.jpg


 汲古館の内部。
 南塘文庫の蔵書については、村松甚蔵が独自の方法によって分類した『南塘文庫和漢図書分類目録』が大正4年11月に発行されています。


【汲古館跡の現在】
f0191673_11433970.jpg


 汲古館を偲ぶものは、その跡地に何も残っていません。


━汲古館西門側面全景━
f0191673_1144512.jpg




【西側から眺めた汲古館跡の現在】
f0191673_1144436.jpg


 汲古館の建物と蔵書は、昭和20年7月の甲府空襲により全てが焼失しました。
 斜め前(甲府市社会教育センターの場所)にあった進徳幼稚園やその裏手にある甲府税務署などは甲府空襲を免れています。僅か道路一つを隔てて明暗が分れたのでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ 

by kaz794889 | 2008-12-31 15:41 | 絵葉書 | Comments(3)
Commented by ひろ坊 at 2009-01-01 14:40 x
明けましておめでとうございます。

村松甚蔵さんに関してブログを見るとは思ってもいなかった。先日、やまなし・まちかど図鑑ブログに村松新道が出ていたので奇遇です。上甚さんが甲府城を払い下げ、寄付したことは、ほとんどの山梨県人は、知らないのではないだろうか。県や市の職員ですら知らない人がほとんどであった。汲古館の和漢の蔵書が残っていろばなあ~・・・・残念。

峡陽文庫さん、今年も忘れ去られた山梨の人物・物・文化等掘り起こし、お教え下さい。期待しています。
Commented by 峡陽文庫 at 2009-01-01 17:53 x
新年おめでとうございます。

 拙い内容ではありますが、本年も地域の歴史について史料とともに紹介していければと思っております。
 昨年は、ひろ坊さまからコメントをいただき感謝しております。
 本年も引き続き、よろしくお願いいたします。
Commented by 凡苦楽庵 at 2009-01-01 23:23 x
新年おめでとうございます。
昨年は、色々と教えて頂きありがとうございました。
毎回文化財級の資料を拝見して、楽しみにしております。
本年もよろしくお願い申し上げます。


<< 甲府城 庄城稲荷神社      教安寺と木喰仏 >>